純金入り!! 風水効果抜群の金色うんこの作り方をご紹介させていただきます

金色うんこの作り方

まず、最初に・・・
現在、お守りを作る為に、これだけの材料をストックしております。
(画面に入らなかった分も換算しますと、上記の1.5倍ほどの材料をストックしております)
一つでも材料が足りませんと、お守りを作れなくなる為、大変ですが頑張ってストックしております。

さて、今回は「金色うんこ」の作り方をご紹介させていただきます。

まず、綺麗なうさぎのうんこを採取します。
(素手で拾い集めますので綺麗なうんこのみです。ご安心下さい)

作業の邪魔になりますので、ワラを取り除きます。

通気性の良いザルに入れます。

炎天下のもとカラカラになるまで干します。
これにより日光消毒されます。

大量のアルコールに浸します。
これによりアルコール消毒されます。

ネイルに使うトップコートのような樹脂で表面をカチカチにコーティングします。

乾燥させる為にアルミホイルの上に並べるのですが、引っ付いてしまいます。
これを一つ一つ離す作業が、電流イライラ棒のようでして大変です。
こっちを離すとあっちに付いてと言った感じで、本当に大変です。

一つ一つに離れた段階で1時間ほど乾燥させます。

樹脂でコーティングされた上からアクリル絵の具を塗って行きます。

満遍なく塗られるように丁寧にかき混ぜて行きます。

またもや、くっ付きます。
これを離す作業が本当に大変なんです。

一つ一つに離れた段階で1時間ほど乾燥させます。

2度目の着色作業を開始します。

3度目の引き離し作業を開始します。

3度目の乾燥作業を開始します。

3度目の着色作業開始です。

4度目の引き離し作業開始です。とほほ。

4度目の乾燥作業開始です。

4度目の着色作業開始ですが、ここで秘密兵器登場です。
コップのふちに付いているの、何だか分かりますか?

答えは、金です。それも、純金です!!(↑実際の画像)
なぜ、純金かと申しますと、純金は24Kだからです。
なぜ、24Kかと申しますと、24Kは妊娠菌と読むことが出来るからです。
また、24は大吉数でもあるからです。

5度目の引き離し作業開始です。とほほのほ~ですが、最後なので頑張ります!!

5度目の最後の乾燥作業開始です。

ようやく完成!かと思いきや・・・。

形の悪いものを取り除く工程があります。

形の良いものを瓶に詰め、乾燥剤を入れて密閉したら、ようやく完成です。

5回のコーティング作業を経て、ようやく金色のうんことなります。
最後までお読みいただきありがとうございます。


苦労してお作りしました金色うんこが皆様に幸せを運んでくれると信じております(^O^)/


HOMEページへ

うん子宝の専用ページへ

珍子宝の専用ページへ

うん子沢山の専用ページへ

うさぎの陣痛力の専用ページへ

うん恋の専用ページへ

お守り袋の専用ページへ

妊娠バトンカードの専用ページへ

うん子宝お守り

椅子に座ったうさぎのお守り

草原にたたずむ三つのうさぎお守り

椅子に座った三つのうさぎお守り

うさぎお守りを運ぶうさぎ

珍子宝お守り

珍子宝お守りのアップ画像

椅子に座った3つの珍子宝お守り

椅子に座った珍子宝お守り

草原にたたずむ三つの珍子宝お守り

安産お守り

安産お守りのアップ画像

椅子に座った3つの安産お守り

椅子に座った安産お守り

草原にたたずむ三つの安産お守り

↑ PAGE TOP