うさぎの選び方のノウハウをお教えします。

うさぎの選び方

うさぎの種類

ネザーランドドワーフ
ネザーランドドワーフの画像ネザーランドドワーフの画像ネザーランドドワーフの画像
Ian ElwoodさんLauri RantalaさんAaronさん

ホーランドロップ
ホーランドロップの画像ホーランドロップの画像ホーランドロップの画像
Claire madridspainさんTakkilnさんOrlandkurtenbachさん

ミニウサギ
ミニウサギの画像ミニウサギの画像ミニウサギの画像

アメリカンファジーロップ
アメリカンファジーロップの画像

ライオンラビット
ライオンラビットの画像
istolethetvさん

フレミッシュジャイアント
フレミッシュジャイアントの画像フレミッシュジャイアントの画像
Lithoniusさんhouroumonoさん

ミニレッキス
ミニレッキスの画像ミニレッキスの画像ミニレッキスの画像
AramatさんKeraj1976 さんMaeda1901さん

ダッチ
ダッチの画像ダッチの画像
BunnybriさんJared Aliさん

オススメのうさぎ

1位 ネザーランドドワーフ

2位 ホーランドロップ

3位 ミニウサギ

この3種は、人気が高いです。

あと、最近人気なのが、ライオンラビット。

そして、手触りが超いいレッキス辺りがオススメです。

また、長毛種と短毛種のうさぎがいるのですが、長毛種の方がブラッシングが大変ですし・・・

夏の暑さ対策も短毛種より考えなければなりませんので・・・

初めて飼うなら、短毛種のネザーランドドワーフをオススメします。

また、ミニウサギは名前はミニですが、大きさはミニではありませんので・・・

名前にだまされないようにして下さい。

ん~、ミニウサギは「普通うさぎ」と改名した方がいいかもしれませんね。

まぁ、どのうさぎも最高ですので、あまり種類にこだわる必要はありませんよ。

オスとメス、どちらを選ぶべきか?

オスは、スプレー(おしっこをまき散らす)をしやすい。

メスは、子宮系の病気になりやすいと言われています。

ん~、難しい!

まぁでも、どちらもカワイイですので、どちらを選んでも問題ありません。

生後何週間のうさぎを飼うべきか?

仔うさぎが離乳するのに必要な期間は25~40日と言われています。

だいたい、4~6週ですね。

その為、生後5週くらいでペットショップに並ぶ場合が多くなっております。

やはり、生まれたての方が可愛いですので・・・

売れる確率が高くなりますし、高値で売れますからね。

ただ、その分だけ、仔うさぎには不幸です。

安心・安全な母うさぎから離されて、遠くに運ばれて行く訳ですからね。

更に、たどり着いたペットショップから、今度は飼い主さんのもとに運ばれて行く。

仔うさぎには、過酷な環境変化と言えます。

よって、出来れば、生後40日間は母うさぎのもとにいる仔うさぎを選んだ方が良いと思います。

うさぎの為にも飼い主の為にも。

うさぎ屋ラパン

また、どうしても生後間もない仔うさぎから売れて行く傾向がありますので・・・

入荷直後に売れなかった仔うさぎは、そのまま売れ残る確率が高くなります。

売れ残ったうさぎは、どうなるのでしょうか?

考えるだけで悲しくなります。

そこで、生後間もない仔うさぎを飼いたい気持ちは十分理解出来ますが・・・

出来れば、売れ残りうさぎから選ぶようにしてもらえたらと心よりお願いする次第です。

血統書について

血統書は3代前(ひいおじいちゃん)まで同じ種類のうさぎであることを証明しています。

つまり、他の種類のうさぎが混じっていない純血種であることを意味しています。

この証明は主にARBA(アメリカン・ラビット・ブリーダーズ・アソシエーション)によってなされています。

なお、血統書付きのうさぎには、耳に血統書に記載された番号が刻印されています。

血統にこだわるのも良いですが、うさぎ自身は自分の血統など知りませんので・・・

血統書があろうがなかろうが、大切にしてもらえたらと思います。

うさぎの値引き交渉

入荷したての仔うさぎは売れる可能性が高いので、値引きに応じてくれる可能性は低いですが・・・

入荷して日が経つにつれて、値引きに応じてくれる可能性が高くなりますので・・・

是非、値切ってみて下さい!!

ペットを値切るなんて出来るの?

それに、ペットを値切るなんて、なんだか気が進まないと思うかもしれませんが・・・

ペットほど、値切れるものはありませんし・・・

値切っても、ペットの価値には何ら変わりはありません!

ペットはペット!

値段は値段!と分けて考えましょう!

値引き交渉の方法としましては・・・

もし、2万円の仔うさぎが売られているとして・・・

○1万円に負けて下さい。(短期戦)

○1万円になったら買いますので電話してもらっていいですか?(長期戦)

○飼育セット(2万円)と一緒で3万円でお願い出来ませんか?

1万円程度であれば、割と簡単に負けてもらえますし・・・

また、1万円負けてくれと交渉すれば・・・

5000円負けてくれたり、ペレットやチモシーを無料でサービスしてくれたりしますので・・・

ダメ元で交渉だけはしてみましょう!

もちろん、好感度抜群の笑顔での交渉を忘れずに!

※値引き交渉を不快に思う方には申し訳ございません。

ただ、私が思うに、交渉とは相手も納得しなければ成立しません。

つまり、値引き交渉は、売り側・買い側ともウィンウィンな関係で誰も損はしないんです。

そうして節約したお金で、飼育環境を充実させるのも良いですし・・・

また、貯めておいて、うさぎが病気した際の治療費に充てるのも良いと思います。

↑ PAGE TOP